HMK SCHOOL

受講者の声

  • まるで社会人のミーティングに混ざっているような感覚
    好きなことを学びながら社会勉強にもなりました

    webデザイン、htmlやcssを優しく教えていただき、初めてで不慣れながらも建設的な日々を過ごしていました。
    webデザインの知識を全く持っていなかった私ですが、今では自分のホームページ作りに着手しました。今も公開に向けて鋭意制作中です。さらに自分が所属している団体のホームページも、自分でhtmlを書いて作りあげたいと思っています。以前の自分であったら、おそらくここまでできなかったと思います。 しばらく訳あって学校を休んでいる間でも、自分に自信を持つことができました。次回は夏休みに伺おうと思っているので、それまでに自分の力で進めておきたいです。
    午前中・午後にある休憩時間にも、社会人の方のミーティングに混ざっているような感覚で、お話を聞ける場としてもとても良い環境だったと思います。毎日ただパソコンと向き合っているだけではなく、人と人とのコミュニケーションが豊富で飽きることがありませんでした。私はネガティブな思考を持ちがちで、そのあまり就職活動に不安を持っているという相談にものっていただきました。個人事業主の集まりであるこの場の考え方は、今までの私にとってとても自由に感じられました。これからの働き方について、新しい考え方も学びとることができたと思います。
    ここに来る前に思っていたこと以上に多くのことを感じ、学ぶことができました。ありがとうございました。
    (大学生 / WEBデザインコース)

  • 研修の感想(株式会社 イエムラ 様)

    初日の研修ではJWの基礎を確認しましたが、今までの独学の経験が十分に活用できていることに気付き、1つ自信となりました。また、私の習熟度に合わせ、カリキュラムを練り直してより高度な内容を学ぶことができました。
    実際の紙製の箱の寸法を測りながら作図することは初めてでしたので良い経験になりました。それがもし素材がステンレスならと考えると、「この形状のままだと蓋が閉まらない」や「丁番の耐荷重は十分か」と同時に検討する項目が浮かび一つ一つをクリアして初めて設計といえるのだと思いました。さらにJWの二次元CADだけではなく、SketchUp とSolidWorksの2つの三次元CADでの作図に挑戦しました。操作性は二次元より良く、今までの二次元では表現しきれない部分を視覚的に様々な角度で把握することができるので非常に利便性の高いソフトだと思いました。着色や素材の付加まで手を付けられなかったことが少々悔やまれます。
    5日間の研修を終えて、当社の実際の作図・設計業務に必要な実践力のみならず、その先にある三次元CADの可能性に触れることができ、非常に良い刺激となりました。
    最後になりますが、代表 三浦様、金様、小山様、ご指導や研修を支えて頂きありがとうございました。今回の研修をこれからの業務に生かしていきます。

  • 進路相談にものっていただきました

    私自身にある問題、将来の生活にある疑問について、休憩の時間にスタッフの皆様に聞いて頂きました。社会人である皆様のお話を生で聞ける機会は学生の身である以上、めったに無い機会なので様々な知識を得ることが出来ました。漠然としていた将来へのイメージが日を追うごとに明々白々になっていくのが感じられます。それは厳しい現実を戦うというより、将来への不安の壁が確実にはがれおちるような感覚でした。卒業まで残り一年半をきり、守られている学生という立場から旅立てるようこれからもたくさんの知識を得たいと強く思いました。(高校生)

  • Web制作を通して様々な”気づき”がありました

    ”文字だけでデータを伝える”という基本的なことを、ついCSSのデザインに頼りがちにしてしまい忘れてしまうことが多々ありました。「色分けすればいい」「フォントを工夫してみよう」など、マークアップよりデザインに重点を置きすぎてしまうのは今後改善していくべき課題になりました。
    頂いたテキストデータを流し込むという一見単純な作業の中にも、情報を発信する側と受け取る側の立場の違いによって表現を変えなくてはいけなかったり、対象が不特定多数であるが故に今までよりも考えなければならないことが沢山あることを学びました。以上のことに気を付け、引き続き残りの作業も進めていきたいです。
    (WEBデザインコース / 高校生)